ハイパーナイフの特徴

痩身エステ8

ハイパーナイフの特徴として挙げられるのが、一度の施術で効果が目に見えるということです。

肌に密着させた電極から1MHzという高周波を流し、皮膚の深部まで温める効果によって表皮の脂肪だけでなく、深いところの脂肪まで燃やすことができるのです。

ハイパーナイフによって脂肪細胞に取り付いているセルライトや老廃物は、ほぐしながら温めて乳化させることにより、排出しやすくなります。

セルライトや老廃物がなくなれば血液やリンパの流れが改善し、痩せやすい体になるのです。では実際の施術はどのようなものなのか、あるエステサロンでの太ももを中心とした下半身痩身コース施術の流れを紹介しましょう。

まずはふくらはぎ周りに電極を軽く押し当て、高周波を流し始めるとすぐにじんわりと温かくなってきます。このときは特別痛みもなく温かくて気持ちがいいのですが、ハイパーナイフが太ももに移ってきたあたりからピリピリとした痛みを感じるようになってきます。

施術者によると、痛みを感じるところは特に老廃物やセルライトが固まって存在しているところなので、この痛みは人によって変わってくるでしょう。下半身を一通りハイパーナイフで施術した後は、リンパを流すためにハンドマッサージを行います。

その際、力の加減はしてもらえますが、強めの方が深部の柔らかくなった老廃物とセルライトを流すことができるので、強めでマッサージしてもらうと効果的です。45分位の施術が終わり、どのくらいの効果があったのかサイズ測定をしてみると、ふくらはぎが40.2cm→39.6cmに、太ももが54.6cm→54cmと、このように一回の施術で効果が現れるのがハイパーナイフの特徴です。

セルライトとは