セルライトとは

セルライト女性の約8割の方にみられるセルライトとは一体どのようなものなのでしょうか。主に太ももの裏側や外側、お腹周りなどにあらわれる皮膚がボコボコと変化したもので、運動や食事制限によって除去できるものもあれば、普通のダイエット方法では除去できないセルライトもあります。

脂肪型とむくみ型と呼ばれるセルライトは、一般的なダイエットやマッサージなどで解消できますが、線維型と筋肉質型と呼ばれるセルライトは循環機能を改善する方法でなければ解消できません。自己流の間違った方法で刺激してしまうと、ますますセルライトは悪化して、さらに除去が難しくなるので注意が必要です

ではセルライトは、何が原因となってどのようにできてしまうのでしょうか。血管に浮遊した皮下組織の脂肪細胞に老廃物が付着することや、脂肪細胞そのものがお互いに結合することで生成されてしまいます。セルライトができる主な原因として挙げられるのは血行不良で、またその原因も運動不足や加齢、むくみやホルモンバランスの変化などがあります。基本的に循環が悪くなるとできやすくなるので、主に血行が悪いとされている下半身、太ももやふくらはぎ、お腹やお尻などにできやすいのが特徴です。

ハイパーナイフの特徴

ハーパーナイフハイパーナイフの特徴として挙げられるのが、一度の施術で効果が目に見えるということです。肌に密着させた電極から1MHzという高周波を流し、皮膚の深部まで温める効果によって表皮の脂肪だけでなく、深いところの脂肪まで燃やすことができるのです。ハイパーナイフによって脂肪細胞に取り付いているセルライトや老廃物は、ほぐしながら温めて乳化させることにより、排出しやすくなります。セルライトや老廃物がなくなれば血液やリンパの流れが改善し、痩せやすい体になるのです。

では実際の施術はどのようなものなのか、あるエステサロンでの太ももを中心とした下半身痩身コース施術の流れを紹介しましょう。まずはふくらはぎ周りに電極を軽く押し当て、高周波を流し始めるとすぐにじんわりと温かくなってきます。このときは特別痛みもなく温かくて気持ちがいいのですが、ハイパーナイフが太ももに移ってきたあたりからピリピリとした痛みを感じるようになってきます。施術者によると、痛みを感じるところは特に老廃物やセルライトが固まって存在しているところなので、この痛みは人によって変わってくるでしょう。

下半身を一通りハイパーナイフで施術した後は、リンパを流すためにハンドマッサージを行います。その際、力の加減はしてもらえますが、強めの方が深部の柔らかくなった老廃物とセルライトを流すことができるので、強めでマッサージしてもらうと効果的です。45分位の施術が終わり、どのくらいの効果があったのかサイズ測定をしてみると、ふくらはぎが40.2cm→39.6cmに、太ももが54.6cm→54cmと、このように一回の施術で効果が現れるのがハイパーナイフの特徴です。

●関連LINK・・・アユアラン リンク
ハイパーナイフのあるエステサロンです。

ハイパーナイフとは

今話題になっているハイパーナイフというものをご存知でしょうか。ナイフと聞くとなんだか物騒な感じがしますが、決して何かを傷つけるものではありません。実はハイパーナイフとは、電子レンジのような仕組みで電極から高周波を流し込み、私たちの体に溜まった冷たく固まった脂肪を温め、燃焼させることができる痩身マシンなのです。

特に女性が気にするものの中にはセルライトがあります。セルライトとは、脂肪細胞に取り付いてリンパの流れや老廃物の排出を妨げているもので、女性の約8割の方にみられ、種類によっては一度できてしまうと自然に消えることがなく、どんどん痩せにくい体になってしまうものなのです。それだけではなく、むくみや冷え性などを引き起こし、健康を損なう恐れもあります。このセルライトは通常の脂肪とは違いとても厄介で、カロリー制限や運動などでなくなることはなく、間違った方法をとってしまうと逆に悪化させてしまうこともあるので、正しい知識が必要です。そのセルライトを分解してリンパの流れを改善し、老廃物を排出してくれるのがこのハイパーナイフです。

気にする女性セルライトにはいくつかの種類があり、なかなか取れないセルライトは「線維化型セルライト」「筋肉質型セルライト」に分類されます。線維化型セルライトは、脂肪細胞の周りにコラーゲン線維が沈着してボコボコしたものが見られ、筋肉質型セルライトは、体を鍛えていた人が運動をやめて急激に筋力が低下したときに作られるセルライトです。これらは通常の解消方法ではとても難しく、除去するには長い時間が必要ですが、ハイパーナイフはこのような除去が難しいセルライトに有効で、短時間で驚く効果を発揮してくれるのです。